Tangere

180×180㎝ ケント紙、アクリル


 

 本作は「Eternity」に続いて2作目となるJulia Risa Parryと高石瑞希のコラボレーション作品です。2018年3月3日〜17日に堺市立東文化会館で開催された新鋭選抜「ソウルフル・アート」展において、3月10・11日の2日間に渡って会場で公開制作されました。


制作のプロセス

 

 タイトルの"Tangere"はラテン語で「触れる」という意味です。作品づくりの一環として、日常生活で頭に浮かんだ言葉をその都度メモし、タイプライターで書き起こしたものを、短冊状に切って、パッケージへ保存していました。いつ思い付いたのか覚えていない言葉もあります。漠然と頭の中を巡っている日常の思考が集積されており、目に見える媒体となって、自分の意識と繋がるツールになりました。

 今回のライブペイントでは時間に区切りをもうけて、この "言葉の泉" の中からテーマとしてクジ引きで単語を選び出すことになりました。互いに質問をしたり、単語にまつわるエピソードを話しながら、浮かんだ色や形を描き起こしていきました。

 上の動画は制作中5分おきに写真撮影し、マイナーチェンジしていく様子をストップモーション映像で残したものです。



 

新たな試み

 

 今回はライブペイント以外にも、個人の作品を展示ブースにて公表する機会を与えて頂きました。(上写真3枚)また、新たな試みとして、2日間のライブペイントの様子をPeriscopeアプリを使ってインターネットで中継配信を行いました。期間中の来場者のべ5000人の他、1000人以上の方に試聴いただき、会場以外にもパフォーマンスの様子を届けることができました。後日、NHK かんさい熱視線の特集にて、制作の様子が一部放映されました。